教員紹介

勝又ゼミ

勝又 基

勝又 基

勝又 基 教授

(日本近世文学・日本近世文化)

博士(文学)
九州大学大学院博士後期課程 修了(2001年)
日本近世文学会所属
Association for Asian Studies(アジア研究協会〈米国〉)所属。
Association for Japanese Literary Studies(日本文学協会〈米国〉)所属。
研究会: 落語講談研究会

研究の紹介

 私の専門は江戸時代の小説と説話文学ですが、ジャンルにこだわらずに言えば江戸文学に見える「親孝行」の研究という事になります。親孝行なんて文学とは最もかけ離れたものだと考える人が多いかもしれません。しかし江戸時代に親孝行はたいへん好まれました。幕府や藩から表彰され、多くの人が会いに訪れ、その人を取り上げた書物も数多く出版されます。その様子はまるで金メダルをとったオリンピック選手のようです。こうした大きなうねりを生み出す親孝行は、文学外のものだったのではなく、むしろ江戸文学における最も大きな柱の1つであったと考えています。
 もう一つの専門は落語・講談といった伝統話芸です。これはその歴史よりも「今」に興味を持っています。本学科ではプロの落語家・講談師をお招きして、年に数回、落語会・講談会を開催しています。学生たちとその準備をし、プロのお話をうかがったりしながら、伝統話芸の現状と今後について考えています。

学生へのメッセージ

 国・社・数・理・英、という枠組みだけで勉強して来た君たちの知識と興味は、とても狭くて片寄っています。大学で学ぶということは、その狭い枠組みをバリバリと壊して行くことだと言っても良いでしょう。だから大学では、できるだけ食わず嫌いをしないで下さい。興味の有る無いにかかわらず、どんな物にでもトライして、とりあえず頑張ってみること。そうすれば自分でも気付かなかった自分の可能性や興味が見えてくるはずです。わが学科には様々な分野と手法で日本文化に迫る教員が揃っています。ここで食わず嫌いをせずに学べば、新しい日本の姿と新しい自分の姿に驚く時が必ず来ることでしょう。

勝又先生の横顔
 勝又先生が日本近世文学に興味をもち研究者になったきっかけは、大学で太宰治の小説『新釈諸国ばなし』を読んでからだ。太宰よりも、その素材となった江戸時代の小説家・井原西鶴の世界に深く惹かれていったという。高校時代から国語は得意な分野のひとつだったが、同じくらい生物も得意科目のひとつで、自分にとってふさわしいのはどちらの進路なのか最後まで悩んでいた。そして文学部へ進学。しかし学びの興味は文学よりも、むしろ心理学や社会学の方が強かったそうだ。
 大学へ進学した勝又先生は、入学直後からアルバイトに熱心になりすぎてしまい、前期の成績で不可が7つ。大学のスタートでいきなりつまずいてしまったのだ。この失敗から後期は気持ちを新たに、必ず授業に出席し「人の倍の単位を取ろう」と心に決め、それを実践しはじめた。すると勉強すること自体が面白くなってきたのだという。今思えば、あの時、人より多くの単位を取得するため専攻以外の科目も履修したことで、自然に知識の幅も広がっていったような気がする。研究者としての原点はあそこにあったのでは…と、先生は話してくれた。
 江戸文学は文字に書かれたものだけではないという勝又先生。そのゼミでは、年に3~4回、噺家さんを呼んで落語会が開催される。こうしたイベント形式の学びからも江戸文学を研究していこうとするのがゼミの特徴だ。「自分の目で確かめることを大事にしてもらいたい。何ごとでも本気で頑張れば面白くなってくるものです」と勝又先生は語る。

業績・著書

業績・著書の詳細は次のページをご覧ください。
教員情報 - 勝又 基 | 明星大学