教員紹介

服部ゼミ

服部 裕

服部 裕

服部 裕 教授

(日独比較文化、独文学)

 M. A.(Magister Artium) アルベルト・ルードウィッヒ大学(フライブルク、ドイツ連邦共和国) 卒業(1981年)
 日本独文学会、東北ドイツ文学会、オーストリア文学研究会/第28回ドイツ語学文学振興会奨励賞「ペーター・ハントケの劇作-話劇と『カスパー』にみる詩的フォルムへの可能性」
研究会: 映画研究会

研究の紹介

 わたしの専門はドイツ文学であり、研究の対象はペーター・ハントケという現存するオーストリア人作家の作品です。ペーター・ハントケは欧米諸国でもっとも評価の高い現代作家のひとりで、60年代後半に文壇に登場した当初から、言語と人間の関係を批判的に描写する作品を残してきました。それによって人間中心主義的な近代ヨーロッパ精神を批判的に問い直すことが、ハントケの文学的意図であると言えます。近代ヨーロッパ精神とは、人間こそが自然及び世界の秩序と法則性を解明し、それによって世界の支配者であるという主体中心主義的な世界観を意味しています。人間を主体たらしめているのが人間が創造した言語であり、主体は言語の支配者であることによって世界を支配するものであると信じてきました。
 しかるに近代史は20世紀に至って、主体中心主義的な観念論が発展したドイツにおいて、ナチズムという近代精神の根幹を揺さぶる思想を産み落としてしまいました。ハントケの文学は名指しこそしないものの、ナチズムへの批判的視座に基づいていることは明らかです。つまりハントケは、人間「主体」が言語(=世界)の支配者であるという虚構性のなかにこそナチ的なものが潜んでいることを表現しようとしているのです。この意味でハントケにとってナチ的なものはただ歴史的な現象ではなく、オーストリアやドイツをはじめとした戦後ヨーロッパひいては戦後世界そのものにも潜む主体中心主義の虚偽性として認識されていると言えます。
 以上のような意識を前提としながら、ではどうしたら人間が真に主体たりうるかということを模索し続けているのがハントケの文学世界であり、それを明らかにするのがわたしの研究です。

学生へのメッセージ

 授業では近代ヨーロッパの世界観がどのように成立し、どのようなものとして発展してきたかをいろいろな資料を使いながら検証します。特に、近代ヨーロッパ精神の根幹を成す個人意識には、実はさまざまに異なる価値観が潜んでいることを比較文化的に明らかにします。そのうえで、近代ヨーロッパに学んだ近代日本の近代性と特殊性を探り、近代精神との関係における日本文化について考えたいと思います。今のわたしたちのまわりの現象にも引きつけながら、現在がどのようにつくられてきたかを検証しましょう。

服部先生の横顔
 服部先生は深刻な就職難の時代に大学を卒業した。学生を受け入れる側の企業はどこも「文学部卒業生お断り」の風潮に包まれていた。ドイツ文学を専攻し、それをさらに究めようとする思いが強かった当時、先生は単身ドイツへ渡ることを決心。現地の大学院でドイツ語とドイツ文学の研究に時間を費やすことになる。「高校時代にドイツ文学と出会っていなければ、研究者としての今の私はなかっただろう」と先生は振り返る。
 もし研究者になっていなかったら?とたずねると、「冗談で言えばホームレスになって居たかも知れない」と先生は笑う。帰国後いくつかの大学の採用人事に応募したものの、すぐには思い通りの結果が得られなかったのだそうだ。人生にはいくつかの分岐点があって、そこでどう行動するかで、人生行路は大きく変わってしまうと先生は語る。本場のドイツ語を生かし企業に勤務しながら非常勤教員をしていた数年間。その実体験が現在の研究や授業にも影響を与え現実性をもたせている。
 服部ゼミの特徴は、ヨーローッパ(英・独・仏)の近代精神・近代文化・近代社会など、個人主義のあり方やその価値観を実地研修を交えながら研究していくところにある。観光ではあまり行くことのない、ミュンヘン郊外にあるダッハウ強制収容所(ドイツで最初の強制収容所)を訪れるなど、体験型の研究カリキュラムが組まれている。「なぜこうなったのだろう」「どうして日本人はこういう反応をするのだろう」と、世界に目を向け、好奇心旺盛な人にとっては、とても刺激的なゼミであることに間違いはないだろう。

業績・著書

業績・著書の詳細は次のページをご覧ください。
教員情報 - 服部 裕 | 明星大学