先輩へのインタビュー

教員への道:三浦 果歩さんインタビュー

三浦 果歩さん

三浦 果歩さん

人文学部 日本文化学科 令和3年卒業
三浦 果歩 さん
神奈川県立有馬高等学校 勤務


 「学校教員になりたい場合、やっぱり教育学部で学んだほうがいいの?」という声をよく聞きます。「教え方を学ぶ」教育学部に対して、人文学部日本文化学科は「言語や文学、歴史など幅広く日本文化を学ぶ」学科。教職課程を履修する分忙しくなりますが、国語科教員に求められる専門知識をしっかりと身につけることができます。そんな日本文化学科から高等学校の国語科教員に進んだ、三浦果歩さんに話を聴きました。


教員への道:併修制度で合格した学生インタビュー

 平成23年にスタートした「併修制度」。通信教育などを通じて4年間で「中高」と「小学校」の両方の教員免許を取得できる、明星大学ならではの画期的な制度です。最大の特長は、教育学部以外からでも小学校の教員資格をめざせること。その2期生で、日本文化学科から小学校の教員になった先輩に、制度のメリットや体験談を語っていただきました。