学科について

受験生のみなさんへ

 明星大学の日本文化学科ホームページにようこそ。

 みなさんが「日本文学や日本文化を学びたい」と思い始めたきっかけは何でしょうか。外国人に日本のことを説明できなかったから?ライトノベルやミステリーが好きだから?中には中学や高校の国語の授業で読んだ古典文学や現代文学が面白かったからという人もいるでしょう。

 文学に興味がある人は「国文学科」や「日本文学科」という学科がある大学を探すことでしょう。でもちょっと待って。「日本〈文化〉学科」を、みなさんの選択肢に加えてみませんか?そして「外国人に日本の文化について説明できるようになりたい」という人は、明星大学の「日本文化学科」が最適の選択の一つになるでしょう。

 明星大学人文学部日本文化学科(以下「ニチブン」と呼びます)の特徴は、「日本文学」にとどまらない、多様な日本文化にかかわる学びを提供していることです。もちろん、他大学の「国文学科・日本文学学科」に負けない日本文学の専門家が古典・現代文学の高レベルの授業を提供しています。でも、ニチブンの強みはそれだけではありません。

 ニチブンは従来の「日本文学」の枠組みにとらわれず、幅広い興味を満足させる学びを提供します。日本語のしくみや歴史を研究する「日本語学」だけでなく、日本や周辺国の歴史を学ぶ「歴史学」、日本美術やサブカルチャーを探求する「視覚文化」など、様々な視点から日本文化を学ぶことができます。卒業論文では、古典・現代文学や日本語学だけでなく、アニメ、ラノベ、映画、キャラクター、スポーツなど、「日本文学」だけを対象とする他大学の学科では見られないようなテーマが見られます。各学生の興味に応じて、幅広い視点から教員が研究を支援します。

 そして、当学科が力を入れているのは「体験」です。日本文化の様々な分野を「体験」できるプログラムを数多く用意しています。たとえば、一年次の必修科目である「日本文化体験」では、能、百人一首、茶道、座禅など、一流の講師のもとで体験します。ミュージカルや能楽の鑑賞会も実施しています。古典を自分で読む力を備えるための古文・漢文の授業やくずし字の授業、編集の実力をつちかうことができるDTP編集や編集論などの授業があります。

 社会で役立つ資格の取得もできます。中学校・高校の国語教員、図書館司書、博物館などで働く学芸員の資格が人気です。もし、みなさんが国語教員になったとしたら、どんな話ができる教員になりたいですか?本で読んだだけの知識を提供する教員か、実際に能面を付けて能楽を舞った経験や座禅や茶道の心得がある教員か。後者のほうが生徒の興味をひきつけ、深い理解に導くことができる教員になれるのではないでしょうか。外国人に日本文化の説明をするときも、自らの経験から詳しくわかりやすい説明ができることでしょう。

 私たちニチブンの教員が誇りに思っているのは、本学科の学生たちのまじめさです。もちろん、授業では冗談が飛び交ったりすることもありますが、それぞれの課題に一生懸命に取り組む様子にはいつも感銘を受けています。その証拠に、1年生から2年生、2年生から3年生と驚くような成長を遂げていきます。ニチブンの集大成となる4年次の卒業論文では、綿密な計画のもとに、規定の1万6千字を大きく上回る、研究の成果を出してくれています。それだけでなく、みなやさしく素直で、思いやりがあり、楽しい授業をすることができています。中学校や高校であまり楽しい思い出がなかった学生も、「ニチブンにきて、今まで一番楽しい」「生まれ変わったように快活になった」という感想を寄せてくれています。授業の課題に使える多くの図書が備わった学科図書室では、コンピュータやプリンターを使うことができ、ちょっとした質問なら上級生にすることもできて、和やかな交流の場となっています。

 ここ最近はオンラインでの授業を余儀なくされる状況となり、従来のような上級生と下級生の交流もなく残念でしたが、それぞれの科目の中で、多くのグループワークをオンラインでも行い、同級生間のつながりは作ることができました。今後は感染対策を万全に整えた上で教室での授業も復活し、楽しく、有意義な学生生活を提供することができるようになると思います。

保護者のみなさまへ

 わたくしども日本文化学科のウェブサイトをご覧頂き、ありがとうございます。

 「日本文化学科なんかに入って、就職できるんですか?」ときどき、親御さんから質問されることがあります。そんな時私は、「日本文化学科こそ、就職に直結し、社会に出てから一層輝く能力が身につきます」と答えます。

 日本の企業が、専門性よりも人物重視で採用を行う傾向があることは、皆様ご存知でしょう。社会に出て最も必要とされる「コミュニケーション能力」とは、取りも直さず、「ことば」の聞き取り力、運用力、発信力です。日本文化学科は、それを徹底的に磨いているからです。

 わたくしども日本文化学科が、他大学の、いわゆる「国文学科」と大きく異なるのは、座学にとどまらず、本物の日本文化体験を数多く学生に授けている点です。仕舞を舞わなければ卒業できない学科が、日本で他にどれだけあるでしょうか。体験をもとに生まれる日本文化への理解は、座学一辺倒の学問より、いっそう幅広く深い深いものとなります。まして情報が氾濫する今こそ、自分自身の体験から語る言葉は、より一層の重みを持つはずです。

 また、これこそ誇りたいことなのですが、本学科の学生たちは、伝統的に、みな穏やかで素直です。これは数字では表せないことですが、オープンキャンパスへお出でになれば、すぐに御納得いただけるはずです。お子様が落ち着いて学業に専念する環境が、ここにはあります。

 その成果で、ここ数年は公務員や中学校・高校に採用される卒業生がどんどん増えています。その他も満足のいく就職先が選べる卒業生が増え、何年かたって同窓会をしてみると、みな、生き生きと就職先で頑張っている様子が伝わってきます。

 楽しく実りある大学生活と将来の有望な就職について、どうかご安心の上、お子様を御預け頂けましたら幸いです。